本棚





加納朋子さんのプロフィール

1966年、福岡生まれ。文教大学女子短期大学部卒。92
年、『ななつのこ』で第3回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。ま
た95年には、「ガラスの麒麟」で第48回日本推理作家協
会賞(短編部門)を受賞。作家、貫井徳郎氏の奥さんだった
りも。


著作リスト

1.『ななつのこ』 (東京創元社→創元推理文庫)

加納さんの処女作。第3回鮎川哲也賞受賞作。
七つの短編を収めた連作短編集。

2.『魔法飛行』 (東京創元社→創元推理文庫)

駒子シリーズ第二作。連作集。解説は有栖川有栖氏。

3.『掌の中の小鳥』 (東京創元社→創元推理文庫)

ノンシリーズの連作短編集。管理人の大好きな作品。

4.『いちばん初めにあった海』 (角川書店→角川文庫)

第四作目。中編を二編収録。

5.『ガラスの麒麟』 (講談社→講談社文庫)

第48回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作。

6.『月曜日の水玉模様』 (集英社→集英社文庫)

連作短編集。

7.『沙羅は和子の名を呼ぶ』 (集英社→集英社文庫)

短編集。バラエティ溢れる作品を10編収録。

8.『螺旋階段のアリス 』 (文藝春秋→文春文庫)

アリスシリーズ1作目。連作短編集。

9.『ささら さや』 (幻冬舎→幻冬舎文庫)

連作短編集。

10.『虹の家のアリス』 (文藝春秋)

アリスシリーズ2作目。本格ミステリマスターズとして刊行。

11.『コッペリア』 (講談社)

初の長編。『イン・ポケット』に連載。

12.『レインレイン・ボウ』 (集英社)

『月曜日の水玉模様』の姉妹編。短編集。

13.『スペース』 (東京創元社)

駒子シリーズ第三作。


単行本未収録作品

*星空のピーター・パン (週刊小説 1999年10月29日号) 

*青い、空と海の果て (週刊小説 2001年08月24日号〜9月14日号)

*シンデレラのお城 (小説NON 2002年6月号)

*モノレールねこ (『あのころの宝もの』メディアファクトリー刊)

*てるてるあした 春の嵐(星星峡 2003年07月号〜08月号)

 *悪運 (ダ・ヴィンチ 2003年08月号)

*てるてるあした 壊れた時計(星星峡 2003年12月号〜翌年1月号)

*てるてるあした 幽霊とガラスのリンゴ(星星峡 2004年2月号〜3月号)

 *セムタイム・ネクスト(e-NOVELS 2004年06月8日号)

                      参考@カトレアの泉小林文庫


トップへ

                            mail - boxbox00@yahoo.ne.jp


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO